バイクに乗りたい!

アクセスカウンタ

zoom RSS 新リアタイヤの観察

<<   作成日時 : 2009/06/07 13:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

リアタイヤ替えましたのでよく観察してみようかと思いまして写真撮影。

画像


画像


画像


溝がしっかり掘られててかっこよく感じます。

今までのタイヤはなんてやつだったか記憶にあまり残ってませんが、たぶんブリヂストンのBATTLAXって書いてあったような気がします。

で、この新しいタイヤ↑もやっぱり同じBATTLAXシリーズ。

実はタイヤのことさっぱり分かっておらず、ナップスのピットの方にお任せ状態でした。
「峠攻めはせず土日にバイクに乗るのが主です」とお伝えしたところ、同じものを選んでくれたということです。

細かくはBT92Rっていうみたいです。


タイヤにはいろいろ文字が浮き上がってますが、このタイヤには
160/60 R 17 M/C 69 H
と表示されてます。

どういう意味だろうかと思ってWebikeのここのページで調べてみました。あとウィキペディアでも。

160・・・・・タイヤ最大幅160mm
60・・・・・・扁平率60%
R・・・・・・・タイヤの構造(ラジアルの意味?)
17・・・・・・リム径17インチ
M/C・・・・(たぶん)バイク用タイヤです、の意味
69・・・・・・加重指数69
H・・・・・・・スピードシンボルH


あと、上の写真には写ってませんが、
TREAD 3NYLON
SIDE WALL 1NYLON
ともかいてあります。
どうもトレッド面(要は接地面?)とタイヤ側面を構成する骨格(カーカスっていうみたい)が何でできてるかを表わすようですね。ここを参照させていただきました。

タイヤも調べてみると面白いですね。
僕はタイヤはぬるい使い方しかしてませんが、奥が深そう。
峠攻めの方やサーキット走行の方たちは、いろいろ調べてこだわりのタイヤ選びをしてるんでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
足まわり一新!
ミシュランマンが手を挙げてくれてます! ...続きを見る
バイクに乗りたい!
2010/01/11 17:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
タイヤの説明は正しいですよ。
少し補足すると速度レンジのHは時速240kmまで可能という意味です。
純正(新車を買ったときに付いてる)タイヤがZR(時速240km以上可)なので限界性能では少し劣りますが、その分耐久性には軍配が上がる仕様ですね。

ちなみにBATTLAXシリーズは私が未だバイク少年だった30年前に登場したもので当時は『超ハイグリップタイヤ』の代名詞でした。

今のものは当時のものよりも限界性能も耐久性も数段進化しているはずです。

ところでタイヤの中央部は白っぽいのに端の方は黒っぽいのに気付くはず。

これは出荷時タイヤ表面に劣化防止用の薬剤が塗られたものでグリップ力は落ちます。だから白っぽい部分が多い時に無理をすると痛い目に遭うのでご注意を!

ちなみに普通のライダーはサイドウォールから1〜2cmくらい残るものです。

※所謂走り屋のバイクには黒い部分が無い
 (四六時中目一杯バンクさせるので)
薩摩おいどん
2009/06/13 00:06
非常にご無沙汰をしておりました。コメントどうもありがとうございます!
BATTLAXシリーズはかなり長続きしているシリーズなわけですね。「超ハイグリップ」でしたか… グリップ力を完全に使いこなせない自分が情けないです。

車検の担当さんからも、新品タイヤで無理するなと言われました! 薬剤が残っているからなんですね。劣化防止のためですか〜。
そういえば、グリップ力を上げたりする薬剤もありますよね(用品店で見ました)。タイヤの世界も奥が深いと感じました。
ハカセ
2009/07/04 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
新リアタイヤの観察 バイクに乗りたい!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる