バイクに乗りたい!

アクセスカウンタ

zoom RSS バッテリー上がった!

<<   作成日時 : 2007/09/04 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

最近は3週間以上もバイクにまったく乗らなかったのですが、この前の日曜に久々に乗ろうと思い立ち、朝、バイクのスタータースイッチを押しました。しかし、エンジンがかからない! バッテリーがあがったのか! どうしよう・・・

どうすればいいのか分からないので、
とりあえず部屋に戻ってインターネットで検索。
「バイク バッテリー」と打ち込んでGoogleにお伺いをたてました。
そうしたら親切なサイトがいろいろと表示されました!

とりあえず、バッテリーがあがったときのエンジン始動方法として、「押しがけ」というのがあることを複数のサイトから知りました。

よし、やってみよう。
近くの人通りの少ない道路で、「押しがけ」を試すことに。
ネットで知ったとおり、2速にしてクラッチを握ったままバイクを押して走り、飛び乗ってスイッチを押してみました。
けれども失敗。
キュルル・・・ブ・・・・・
うまくいきません。あと一歩のところでエンジンがかからない感じ。

だめかぁ・・・。
困ってしまいました。

そうしたら、偶然、親切なおじいさんが通りがかって
「バッテリーあがったか? おしてやろう」
と、バイクを後ろから押してくれました。なので勢いがアップして再度押しがけにチャレンジ!

でもだめでした・・・

3回くらいやってもだめだったので、押してくれたおじいさんもついに
「忙しいから」
といって立ち去ってしまいました・・・


見捨てられた僕は元の場所にとぼとぼ戻って、停車させたままもう一度スタータースイッチを押してみました。

すると、キュルル・・・ブオン! とエンジンがかかりました!

すかさずアクセルを開けて回転をあげてしばらく待ちました。安定しています。

結局、押しがけはできなかったけど、バイクを押してしばらく歩いていたのが良かったのかもしれません。
理由は不明のままですが、今度バッテリー上がったときも同様にしてみたいと思います。

あと、やっぱり1週間に1回はエンジンを始動させる必要があるなと思いました。
バイク買ったときも店員さんに言われたことですが、しかし買ってしばらく経つとほったらかしにしてしまうものですね。反省します。

こういうこともあるんだということで、良い体験になりました。
エンジンがかかった理由を知りたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 エンジン掛かって良かったですね。
 ハカセさんのバイクはフルトランジスタ式バッテリー点火なので押し掛けではエンジンは掛かりません。(バッテリーから点火プラグへ電流を供給しているので電圧が低いと火花が飛ばない)
 ところがラッキーな事に親切なお爺さんの加勢も有って車輪を廻す事によりジェネレータも一緒に回りバッテリーに充電出来たんですね。
 私はそんな時はバッテリーを外して近所のバイク屋さんかGSに持って行って充電してもらいます。
 でも高々3週間くらい乗らないだけでバッテリーが上がるのだったら買い換えた方が良いかも知れませんね。MF(メンテナンスフリー)は少々高いけど手間要らずで便利ですよ。
薩摩おいどん
2007/09/05 02:07
 いや違う違う!
 セルモーターは回っていたんですよね?
 バッテリーが上がるとセル自体回りません。
 それは単にキャブ(又はインジェクション)にガソリンが行ってないだけです。
 恐らく押さなくてもセルボタンを押すだけでエンジンは掛かったと思います。
 セルが回るのにエンジンが中々掛からない場合にはガス欠かキャブにガソリンが行ってない場合が殆どです。そういう場合はキーをONの位置にして暫く(1分くらい)放置すれば電動ポンプがキャブにガソリンを送ってくれます。

 ※ついつい早とちりしました。
 ※※ハカセさんのバイクは本当にバッテリーが上がった
   場合には押し掛けではエンジンは掛かりません。
 ※※※詳細についてはメッセージで伝えます。
薩摩おいどん
2007/09/05 02:22
薩摩おいどんさん、コメント・メッセージありがとうございます!

バッテリー上がりではなかったのですか。となると、勝手な思い込みとインターネット情報に踊らされて、僕は路上で一人で運動会をしていたって事ですか! お恥ずかしい。
確かにボタンを押してる間はキュルルルと音はしていたので、バッテリーは上がっていなかったのですね。
なにせ僕はキーをONにしてボタンを押せば、すぐにエンジンはかかるものだと思っていましたので、「キーをONにしたまましばらく待つ」という発想がありませんでした。ガソリンをキャブレターに送るためにはしばらく待つ必要があったわけですか。勉強になります。
そういえば「電装系」という言葉がありましたね。バイクのキーをONにすることで内部の電気で動く部分が動き始めるわけですか。

やっぱりまだまだバイクの仕組みがまったくわかっていませんでしたね。今後とも実際の体験を通じてバイクを勉強していきたく思います。
ハカセ
2007/09/08 19:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
バッテリー上がった! バイクに乗りたい!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる